UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

5月5日(金) 『酸っぱいパンを考える』

   

 

 

   

 

 

   

 

 

   

 

お昼、昨日焼いたカンパーニュを食べる。

一口目、ほんのりとした酸味が口に広がる。

食べ進むうちに酸味がもっと柔らかく感じられ、

小麦の風味と香りにそっと寄り添うようになる。

 

あれ?酸っぱい?

 

酸っぱさが気になり、先日新しく起こした発酵種、ルヴァンリキッド。

ところがこのルヴァンリキッドでも酸味を感じるようになってきた。

んんん。

 

今日はルヴァンリキッドをそのまま使うのではなく、

そこから更に種を起こして使ってみたのだけれど、それでもやっぱり出てくる酸味。

 

でも…そもそも…と考える。

初めて自家製酵母のパン(パン屋さんで買った)を食べた時、

その酸味とどっしりとした重さに惹かれたのではなかったか。

それ以来虜になったのではなかったか。

 

それなのに今は酸味を一生懸命に消そうとしている。

いつの間にか悪者になってしまった、酸味。

 

酸っぱいパンって、ダメなのか?

 

1つの疑問が頭上をクルクル回る。

ネットでも酸味を消す方法や、酸っぱくなってしまったパンを美味しく食べる方法、

などが沢山出てくる。

 

多分、酸っぱいパンは人気がない。

夫もほんのり甘く、フワフワしたパンが好きだと言うし。

「自家製酵母のパン=酸っぱい」はもうトレンドではないのかもしれない。

 

酸っぱいパンのことが好きなのに、酸っぱくない方へ向かおうとする自分。

流されてるのか???

何だかよく分からなくなってきた。

 

情報過多な日常。

いろいろ闇雲に調べなくったって、答えは自分の中にあるだろうに……。

と自分を少し励ましてみる。

 

とにかく、焼いて進むべし🥖

 

【晩ご飯記録】

メニューは、

・鶏肉の炊き込みご飯

 (鳥もも肉、人参、新玉ねぎ、ニンニク、生姜、椎茸、コリアンダー、塩、白胡椒

  オリーブオイル、白米、インディカ米)

ブロッコリーコールラビのオイル煮

 (オリーブオイル、塩)

・フルーツトマト

・新玉ねぎと舞茸のお味噌汁

 

「DUNE 砂の惑星」Part2の予告が公開されてた。

何度も観る。

早く本編が観たい!🎬

 

uzuranobooks.hatenablog.com