UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

9月23日(金) 今年も買った、あの粉で…

ボーっとインスタグラムを眺めていたら、

「今年も販売開始しました!」のお知らせ。

 

ハッ!今年もそんな時期。

と我に返り、早速ポチリ。

 

購入したのは、「ふたごや農園」さんのスペルト小麦。

国産、農薬・化学肥料不使用、更に石臼挽きというのが嬉しい!

手に取った瞬間、今年もありがとうございます🙏と思わず拝んでしまう。

本当にありがとうございます🍀

 

毎年楽しみにしている、スペルト小麦。

早速、届いたばかりの粉を使い、カンパーニュを焼くことにしました。

今回はスペルト小麦30%配合、合わせて使ったのは強力粉です。

 

焼き上がったカンパーニュ。

肉厚で、力強いクラスト。

しかし、香りは少し甘さを含んだような、温厚な印象。

いつも、この力強さの中にある、やさしい感じは何だろうなあと

不思議に思います。

 

少し粗めの粉が混ざったクラム。

しっとりとしていますが、歯切れがよく、粉の甘みと風味を強く感じます。

他の粉のように、ふんわり、やわらか、とはなりませんが、

この濃厚な風味がクセになり、何度も焼きたくなります。

 

さて、お昼は焼き網でトーストしたものに、よつ葉の発酵バターをのせて。

何も付けなくても美味しのですが、

バターをのせれば、そりゃあもう美味しくて、細胞が手を叩いて喜ぶほどです。

 

栄養価も高いとされる、スペルト小麦。

栄養満点、天晴な美味しさ。

次回はクルミパンを焼こうと思います!🥖

 

今回のカンパーニュ、材料と工程はこちらから

《材料》

◎ルヴァン種

サワードウ酵母(スターター) 20g

スペルト全粒粉 7.5g

強力粉 7.5g

水 15g

 

◎本ごね

スペルト全粒粉 75g

強力粉 175

水 180+15g

 

ルヴァン種 全量

塩 5g

 

《工程》

ルヴァン種の材料を混ぜ、温かい場所で嵩が2倍程になるまで発酵させる

発酵を待つ間に、ボウルに本ごねの粉類と水180gを混ぜ、室温に置いておく

完成したルヴァン種を先のボウルに加え、かるく混ぜる

30分室温に置く

塩と水15gを混ぜてから生地に加え、滑らかになるまでハンドミキサーなどで混ぜる

(手で混ぜても大丈夫です)

40分毎にパンチ×3回

生地を新しいボウルに移し

室温1時間

冷蔵庫18.5時間 発酵

丸め

ベンチタイム20分

成形

室温1時間 発酵

鋳物鍋を蓋ごとオーブンに入れ、250℃に予熱

クープ、霧吹き

熱い鍋に生地を入れ

250℃30分(蓋あり)

230℃13分(蓋なし) 焼成

 

 

 

 

 

 

 

★今回使った強力粉★

ALNATURIA 有機ゆめちから(強力粉)2kg

 

★ふたごや農園さん★

http://futagoya.org/

 

【晩ご飯記録】

メニューは、

・野菜ときのこのクリームリゾット(ズッキーニ、人参、玉ねぎ、しめじ、生クリーム

                 味噌、塩、白胡椒、パルメザンチーズ)

・こんにゃくとヒジキ炒め(ピーマン、生姜、ニンニク醤油)

・トウモロコシとしし唐炒め(塩、チャットマサラ)

 

食後にこんなものも🌟

 

uzuranobooks.hatenablog.com