UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

9月13日(火) 今週も二子玉川ピクニック

 

 

 

 

 


我が家の休日。

本日もバスに乗り、二子玉川へ。

 

途中、以前から行ってみたかったお店に寄り、サンドウィッチをテイクアウト。

夫はB.L.T.C、私はアボカドツナチーズ。

受け取った箱がずしりと重く、期待感が高まる。

 

てくてく歩き、河川敷に到着。

早速、待望のお昼ご飯。

ワクワクしながら蓋を開けたら、うわぁ✨と声が出てしまった。

とっても美味しそうなサンドウィッチ🥪

 

軽くトーストされた山型食パンに、具がぎっしり入っている。

手に持った時の重量感がすごい。

夫と、これはスゴイね~、とバカみたいにスゴイスゴイを連呼しながら食べた。

満足。期待以上の美味しさだった。

 

お腹が満たされたところで、

座っているだけなのに、汗がじわじわ顔の表面に出ていることに気付く。

首や腕もジリジリする。

 

今日は先週と同じく日差しが強い。

コンクリートの照り返しも激しく、全部が白っぽく見える。

そして先週より風がないので、暑さをさらに強く感じる。

ちょっと危険な暑さだ。

 

暑いね~暑いね~と言いながらも、無事に終わりそうに思えたピクニック。

しかしこの後、河原で転んだオジサンを助けるという、想定外のハプニング⁉

私のハンカチは、ちょっと流血気味のオジサンのものとなり、私のもとを離れた。

 

大事には至らず良かったのだが、今度は汗を拭くものが無くなり困った。

流れる汗をそのままに、二子玉川の駅まで歩く。

(ハンカチを持って来なかった夫に、励まされながら…😑)

 

駅に着いたらダッシュ蔦屋家電に入り、

サーキューレーターを見るフリをして体の熱を冷ます。

何とか乗り切り、タマタカで目的の買い物もし、バスで帰った。

 

そういえば暑い日差しの中を歩いている時、後頭部がズンと重く、

熱中症一歩手前という感じだった。

夫も顔が真っ赤だったし。

転んだオジサンも、もしかして暑さにクラっとなったのかな?と思ってしまう。

 

残暑、なめたらいけません。

そんな教訓が出来たピクニック。

 

次回、またサンドウィッチを持って二子玉川に行ける日は、いつだろうか🍁

 

【晩ご飯記録】

この日はお楽しみの外食でした🍽️

 

uzuranobooks.hatenablog.com