UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

9月10日(土) 凹む米粉のケーキと秋の空

昨日焼いた米粉のケーキ。

キレイに凹んだ。

 

生地を型に流し込んだ時点で、型から溢れんばかりになっていたケーキ。

いつもなら8分目位なのに…。

はて???と思いながらも、そのまま焼く。

 

どれどれとオーブンを覗くと、真ん中がぺコンと凹んでいる。

再びの、はて???

そのうち膨らむかな、なんて様子を見ていたが、最後まで凹んだままだった。

 

こちらは、そのケーキの一切れ。

真ん中がV。

食べると、ちょっとモロモロして、舌触りがあまり良くなかった。

下の方はしっとりしているけれど、てっぺんの生地はボロっと剥がれる位にモロモロ。

 

そして夜🌕

 

また夫に、

「今日のケーキ、ボソボソして食感良くなかったでしょ?」と聞いたら、

「え?この前のケーキより美味しかったよ」なんて、のたまう。

この前のケーキというのは、砂糖とバターの量を半分にしたバターケーキのことだ。

 

また意見が分かれる。

私はバターケーキ、夫は米粉のケーキのほうが良いと言う。

人の好みって本当にいろいろなんだなぁ、と改めて思う。

 

もしかして…自分が美味しいと思い、人に勧めているものも

実は、はて???と思われてたりして⁉

不安になる。

 

そんなことは、まあ良しとして。

今回の米粉のケーキ、砂糖と卵を泡立て過ぎたのだろうか。

あまり失敗することがなかった米粉のケーキなので、多少人間も凹む。

また次回作ろうか…。

 

そんな気持ちを癒すわけではないけれど、最近空を見上げるのが好きになった。

特に、夕方の空が気に入っている。

 

秋らしく、少し高くなった空。

細かく千切れたような雲が出ていたり、やさしい眩しさの光に包まれていたり。

毎日違う空の様子を、面白く眺めている。

 

そういえば、写真には撮れなかったけれど、

夜は中秋の名月がきれいに出ていた。

風も涼しくて、いつの間にか暑さが遠のいている。

 

ひんやりとした風を感じたら、急にワクワクしてきた。

大好きな寒い季節の到来。

その前に、食欲の秋だ🌰🌰🌰

 

【晩ご飯記録】

メニューは、

・野菜のクリームスープ(じゃがいも、玉ねぎ、ズッキーニ、モロッコインゲン

            しめじ、生クリーム、パルメザンチーズ)

赤毛瓜とキュウリのバルサミコ酢漬け(白バルサミコ酢ゴマ油、醤油)

・豆腐(絹、塩麴)

・自家製パン(ライ麦全粒粉入りのカンパーニュ)

 

なぜか今頃になって、ルビーロマンを逃したことが悔やまれる🍇

 

uzuranobooks.hatenablog.com