UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

9月2日(土) ひんやりバターと餡子作り

本日、午前中はまたしても雨。

しょうがないね~と、長靴を履いて買い物へ行く。

 

暑い季節の長靴は蒸れ蒸れ。

しかし、雨を気にせず歩けるので好き。

水溜りにわざと入ってみたり、雨の日も楽しく歩ける。

 

そういえば、父親は晴れ雨関係なく、長靴を履いていることが多かった。

いつも玄関に転がっていた、黒い長靴。

遺伝か…。

 

バターやヨーグルトを買い込んで帰宅。

 

雨の散歩の後は、今日のお楽しみ。

お昼ご飯に、昨日焼いたカンパーニュを食べる。

(材料と工程は下方に記載しています。)

ライ麦全粒粉40%配合。

使ったライ麦全粒粉は、石臼引き。

同じライ麦全粒粉でも、以前のものより少し粒子が細かい。

 

焼き上がったクラムは、保湿力抜群。

40%だけの配合だけれど、ライ麦の特徴がしっかり出た。

甘さを含んだような香りと酸味が感じられる。

 

さて、今日も焼き網にのせ、トースト。

ちょっと焦げ目が付いたところに、冷たい厚切りバターをのせてみた。

これが、めちゃくちゃ美味しい!!!

最初はバターを塊のまま。

その後、バターがジュワっと溶けて生地に浸み込んだところを食べる。

2度楽しめる食べ方。

 

ライ麦と冷たいバターって、相性が良いのではないだろうか。

新しい楽しみ方を発見出来て、嬉しい。

焼き網で焼くのもポイントかもしれない。

 

食事を終え、午後はのんびり餡子作り。

餡子、だいぶ昔に作った時は、小豆が柔らかくならず失敗した。

今回はネットで作り方を予習したので、大丈夫なはず。

 

いそいそと、でもじっくりと構えて煮てみる。

ネットのレシピは小豆と砂糖が1:1だったけれど、

砂糖の量に恐怖を感じ、70%にしてみた。

のんびり、のんびり煮て完成!

なかなかいい仕上がり👀🌟

これは冷まして、明日のおやつにしよう。

 

【晩ご飯記録】

メニューは、

・夕顔と油揚げの出汁煮(ショウガ、いしるだし)

・モロッコインゲンと卵のサラダ(塩麹、マヨネーズ、黒胡椒、チャットマサラ)

・モロヘイヤ納豆(醤油、ゴマ油

・ヒラタケとワカメのお味噌汁

・玄米

・自家製餡子

 

餡子、どうしても食べたくなって、晩ご飯に出してみた。

冷ましている間に水分がちょっと飛んでしまったけれど、

甘さも丁度良く、小豆も柔らかく美味しい。

何でも自分で作ってみると楽しいですね🌼

(成功した時に限り🙄)

 

ライ麦全粒粉のカンパーニュ

《材料》

◎ルヴァン種

サワードウ酵母(スターター) 10g

ライ麦全粒粉 5g

強力粉 5g

水 10g

 

◎本ごね

ルヴァン種 全量

水 190g

 

ライ麦全粒粉 100g

強力粉 150g

塩 4.5g

 

《工程》

ルヴァン種の材料を混ぜ、室温で3~4時間発酵させる

ボウルに水と完成したルヴァン種を入れ、混ぜる

粉類と塩をふるい入れ、粉気がなくなるまで混ぜる(捏ねなし)

40分毎にパンチ×4回

室温2.5時間

冷蔵庫18時間 発酵

成形

室温1時間 発酵

鋳物鍋を蓋ごとオーブンに入れ、250℃に予熱

クープ、霧吹き

鍋に生地を入れ

250℃30分(蓋あり)

230℃13分(蓋なし) 焼成

 

 

★今回使った粉類★

ALNATURIA ライ麦石臼全粒粉 2kg

ALNATURIA 有機ゆめちから(強力粉)2kg

 

uzuranobooks.hatenablog.com