UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

8月11日(木) 白いカンパーニュとヘアカット

今日は午後から美容室へ行く予定。

なので、午前中に昨日仕込んだカンパーニュを焼く。

(材料と工程は下方に記載しています)

 

白く、ポテッとした印象の生地は、冷蔵庫の中でしっかり発酵が進んでいた。

レーズン酵母の元種は、発酵力が強いのか🤔

 

元種もサワードウ酵母も、同じく液体と小麦粉を混ぜたものだが、

元種はサワードウ酵母よりもモッタリとし、グルテンの繋がりが強いように思う。

サワードウ酵母の方は、もう少しトロッと、滑らかな柔らかさを感じる。

酵母もそれぞれの特徴があって面白い。

 

焼き上がったカンパーニュは、クラストの焼き色が淡く、ブールのようにも見える。

レーズン酵母をストレートで使った時よりも、甘い香りは控え目。

その代わり、粉の香ばしさが漂っている気がする。

スライスするのは明日。

 

お昼ご飯におにぎりを食べ、美容室へ。

今日はカットとヘッドスパ

ヘッドスパは頭がシャキッとするので時々お願いしているメニュー。

 

思えば、この美容師さんの所に通って、もう10年以上。

最近会話の中に目や足の不調、子供のこと(美容師さんの)、若い頃の話などが増えた。

気付けば10年。

それは生活のシーンも変わるし、体だってどんどん変化する。

(私は40歳を境に白髪が増えました。変化の過程を見たくて染めずにいます。)

 

それでも人間の根っこの部分、深い所にある何かは変わらずにいるようにも思う。

 

初めて経験する中年期。

変わるものと変わらないもの。

これからどうなっていくのか、乞うご期待、と自分に言い聞かせたい。

 

そんな思いに耽りながら、夕方の一息。

今日のおやつは、昨日焼いた黒糖バターケーキ。

久々に食べたバターケーキは、焼き菓子なのに何だかジューシーな印象。

黒糖はもっとパンチのある甘さになるかと思っていたけれど、そんなことはなかった。

穏やかでサラリとした甘さに驚く。蜜のような味わい、という感じもある。

濃いコーヒーにピッタリ。

 

最後に、この日の晩ご飯。

メニューは、

・じゃがいものバター煮(バター、ニンニク、ローリエ、塩)

・きゅうりの白和え、シラスのせ(塩、オリーブオイル、黒胡椒、大葉、レモン)

・トウモロコシとしし唐炒め(ニンニク醬油)

・トウモロコシご飯

・わかめと玉ねぎのお味噌汁

 

じゃがいもは、小粒のものとメークインを混ぜて。

少量の水と調味料を加え、ストウブの鍋でコトコト。

これがとっても美味しかった!

ねっちり濃厚、凝縮された旨味。

今日のダントツNo.1でした🏆✨

トウモロコシだって、白和えだって、十分美味しかったんだけど~。(終)

 

レーズン酵母元種のカンパーニュ

《材料》

レーズン酵母で作った元種 100g

水 140g

 

強力粉 120g

薄力粉 80g

塩 5g

 

《工程》

ボウルに元種と水を入れ混ぜる

粉類と塩をふるい入れ、粉気がなくなるまで混ぜる(捏ねなし)

40分毎にパンチ×3回

室温1時間

冷蔵庫17時間 発酵

成形

室温1時間 発酵

鋳物鍋を蓋ごとオーブンに入れ、250℃に予熱

クープ、霧吹き

鍋に生地を入れ

250℃30分(蓋あり)

230℃13分(蓋なし)

焼成

 

★今回使った粉類★

ALNATURIA 有機ゆめちから(強力粉)2kg

ALNATURIA 有機きたほなみ (薄力粉) 2k

 

uzuranobooks.hatenablog.com