UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

8月5日(金) 曇り空とカンパーニュ、それから黒糖ケーキ

午前中、ランニング。

帰宅後、お昼は昨日焼いたレーズン酵母のカンパーニュ。

 

クラムはふっくら、柔らかい。

レーズン酵母の影響か、いつもよりシックな色合いになっていた。

 

発酵バターをのせたら、茶色がかったクラムにバターの黄色が眩く、

思わず息をのむ。

今日の曇り空にぴったりの雰囲気。

食べるとパンとバターのコクが重なり合い、じっとりと濃い旨味。

白い空に時々目をやりながら、ゆっくりと味わって食べる。

 

夕方、今日は昨日焼いた黒糖ケーキも食べてみる。

いつものようにココナッツオイルを使ったら、

黒糖がココナッツシュガーの味になってしまった。

黒糖の香りとコクが消えてしまい、残念。

香りの無いオイルを使わなきゃいけないのかな?など考えつつ、

バターとは相性がいい気がする!…とひらめく。

来週は黒糖でバターケーキを作ってみよう。

 

粉ものばかり。食べてばかりの一日。

さて、この日の晩ご飯。

メニューは、

・豚肉と夏野菜のカレー

・セルバチコのサラダ

・ところてん

 

カレーは、ゆで卵入り。

そして今日は先日買った、ティムルというスパイスも入れてみました。

ネパールの山椒らしいですが、グレープフルーツのような清々しい香りがし、

とても芳しい。

少しだけピリッとしますが、鼻から香りがすっと抜け、爽やかさがほんのり残ります。

このスパイスを上手くお菓子にも使えたら、と思うのですが、まだアイデアは浮かばず🤔

 

サラダは、チェダーチーズ、ミニトマト、大葉も刻んで追加。

皿に盛ってから、塩、オリーブオイル、バルサミコ酢をかけて出来上がり。

 

猛暑の合間のような涼しい一日。

今日もいろいろ美味しくいただきました🙏(終)

 

★かけるだけで美味しくなるバルサミコ酢

GIUSTI ジュスティ バルサミコ酢 3金メダル 12年熟成 250ml

 

uzuranobooks.hatenablog.com