UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

夫作、お昼ご飯。ソーセージとトマトソースのリガトーニ。

夫が作る、お昼ご飯。

今週はリガートーニを使ったパスタ。

 

ピリッと辛いトマトソースに、ソーセージ、人参、玉ねぎ、ケールが具材。

 

スライスしたソーセージから、丁度良いハーブの香りと旨味が出ている。

野菜も細かく刻まれているので、ソースが良く絡み美味しい。

リガートーニもプリッとした食感。

 

私だったら、ニンニクやオリーブオイルをたっぷり使い、

具材も一度にザっと炒めてしまいますが、

夫は控え目にオリーブオイルを使い、具材も火の通り辛いものから炒めたそう。

 

ソーセージの味が結構出ているのに、野菜の美味しさもしっかり感じるのは

丁寧に作られているからか。

 

毎日ご飯を作っていると、丁寧さから少し離れ、

いかにササっと作るかに重点を置いてしまいますが、

時々は作る工程にゆっくりと時間をかけてみる。

そんな風に向き合えば、いつもの料理も少し違う表情になるかもしれません。

 

ふむふむ、今度は私も順番に炒める戦法を使ってみようと思う。

ごちそうさまでした。

 

(おまけ写真。晩ご飯の鶏肉ソテー。)