UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

写真一枚日記 続・住まい探し

f:id:uzuranobooks:20220216125514j:plain

引っ越しが決まっているのに、なかなか進まない住まい探し。

 

先日やっと、これ!これしかないわ!という賃貸物件を見つけた。

内見の日にちも決まり、気持ちはウキウキ。

 

しかし!内見の前日に、

「契約の申し込みが入ってしまったので、明日の内見はキャンセルさせて下さい。」

と不動産屋から連絡が…。

 

あああああ~!!!何とも言えないこの気持ち。

よかったもんな~あの部屋…。

なんて、じくじく考えてもしょうがない。けどけどけど…。

 

複雑な気持ちのまま猛然と、しらみつぶしに賃貸情報をネットで検索。

そうしたら、あらあらこんなところに?

と、ピカッと光る物件を発見。

 

夫にすぐに連絡。

いいね!いいね!となり、取扱っている不動産屋にも早速連絡。

すると素晴らしいことに、今日これから内見できるという。

 

前の件もあるので、これは急げと、夫と一緒に不動産屋へ小走りで向かう。

よろしくお願いします!なんて朗らかに不動産屋の担当の方と話し、

さあこれから向かいますよ、と管理会社の方に連絡を入れたら

「すみません~さっき申し込みが入ってしまいまして~。」

と言うではないですか!

 

……。

ちょっと呆然としてしまう。

もう笑うしかない状況。

こんなタイミングってある⁇

 

しかし、管理会社の方が気を使ってくれ、

契約がキャンセルされることもありますので(多分ないけど)、

内見だけでもいらっしゃいますか?と言ってくださる。

建物や内装に興味があったので、面白そうだから行ってみよう!となり、

不動産屋の車で現地に向かった。

 

伺ったそのマンションは、古いけれどきちんと手入れがされ、

オーナーからも住人からも愛されているんだな、というのが

ひしひしと伝わってくる。

少し狭く、駅も遠いし不便なところはあるけれど、それすら補える、

愛着の湧く佇まい。

大きな窓から見える夕暮れの景色が素敵だった。

 

今回も契約に至らなかったものの、まだまだ愛され物件があるということ。

そしてなにより、不動産屋で担当していただいた方が面白く、またこの人に

相談しようと思える出会いだった。

この二つのことで、これからも諦めずに住まい探しをしようと思えるのでした。

 

(ペットOKと記載されているのに、犬はいいけど猫はダメ、

 という物件が多くて悲しい…。ぼやきです。)