UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

写真一枚日記 困惑の住まい探し

f:id:uzuranobooks:20220209141531j:plain

今度引っ越すことになり、只今賃貸物件探し中。

中年夫婦に猫一匹の世帯。

 

引っ越し自体が十数年ぶり、夫に至っては二十年ぶり位ではないだろうか。

さらにこの家族構成で引っ越すのは、初めての経験。

 

毎日ネットでいろいろ調べてはいるが、なかなかこれというものが見つからない。

というか、東京って家賃高いな…と改めて思います。

ペットOKの物件だと尚更です。

 

この時期(2月、3月)は、空く物件も多いそうですが、

我々と同じように引っ越し先を探している人も多く、内見は順番待ち。

中には内見せずに部屋を決める方もいるらしく、

内見しないままに終わってしまう物件もあります。

 

いろいろ見たり聞いたりしているうちに、住まいって何だろう?

ということを考えるようになりました。

 

住むなら自分が好きと言える、大切に出来る部屋が良いです。

 

賃貸情報を沢山見ていると、古いけれどオーナーの方に大切にされている物件など、

なんとなく分かるようなってきます。

反対に、綺麗で新しいけれど殺風景な印象のものもあり、

そういう物件には心を動かされません。

しかし現状では、そんな物件が大半な気がします。

 

不動産屋さんの印象もいろいろで、なんとなく意思疎通が出来る方と、

ん?いまいち話が通じてないなと思ってしまう方もいます。

 

ただ住まいを探すということなのですが、そこには人との関係性があり、

温かな佇まいを求めたい。

 

住む街が殺風景に見えないようにと願いながら、住まい探しはまだ続きそうです。