UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

好きなパン わざわざのパン

f:id:uzuranobooks:20220122155055j:plain

毎週、週2でパンを焼いているので、

パン屋さんでパンを買う機会がなくなってしまった…。

 

しかし去年の年末、どうしても食べてみたいパンがあり

パン作りをお休みし、パンを注文してみました。

それが、「わざわざのパン」です。

 

わざわざというのはお店の名前。とても不思議な名前です。

パン作りに関しても、【こだわりがないというのがこだわり】という面白い発想。

また、パンの種類を数種類に絞って作られている姿勢にも、心惹かれました。

 

こちらのパン(サイト)に出会ったのは、酵母の事についていろいろ

調べている時でした。

 

通年、酵母やパンに対し、どんな環境でも同じ状態のものを作り上げることが

良いことだと、私は思っていました。

それと同時に、同じものを作り上げることが出来ず、悩んでもいました。

 

しかし、わざわざのサイトには

季節変動による発酵が違うため、春のパン、夏のパン、秋冬のパンと1日として同じパンが焼けることがありません。私たちはその季節季節の味わいを大切に、誇りを持ってパンを製造しております。

と書かれています。

 

この部分を読んだときに、ハッとしました。

そうか、変化してしまうことを恐れなくてもいいのだ、と思えたのです。

自分が作るパンに対して、いつの間にかとても狭い気持ちになっていた。

こうじゃなきゃいけない、という気持ちにギュウギュウになり、

パンや酵母との距離が遠いものになっていました。

 

そう気付くと、

今の自分に焼けるパンを焼こう!

楽しく焼こう!

というふうに気持ちが変化しました。

失敗もあまり怖くなくなりました。

 

まだまだパン作りは模索段階ですが、今はワクワクしながら焼いています。

パンを焼きながら、わざわざのパンに出会えてよかったなあと思っています。

 

f:id:uzuranobooks:20220122174758j:plain

 

f:id:uzuranobooks:20220122174906j:plain

注文した食パンもカンパーニュも、優しく、温かい印象でした。

とても美味しかったです🍞

 

★パンと日用品の店 わざわざ