UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

捨て種と微量イーストで作る、クランベリーとヒマワリの種のパン

f:id:uzuranobooks:20220110133510j:plain

サワードウスターターを作る際に出る、捨て種。

今回は、その捨て種と微量のドライイーストを組み合わせ、パンを焼きました。

 

クランベリーとヒマワリの種を加え、彩と香ばしさもプラス。

捨て種の酸味を全く感じさせない、香りよい、美味しいパンになりました。

微量ですが、ドライイーストの力が頼りのなるパンです。

 

《材料》

捨て種 30g

ドライイースト 0.5g

ぬるま湯 175g

 

ライ麦全粒粉 50g

ゆきちから 50g

ゆめちから 150g

塩 4g

 

ドライクランベリー 40g

ヒマワリの種 40g

 

《工程》

ぬるま湯に捨て種とドライイーストを入れ、溶かすように混ぜる

f:id:uzuranobooks:20220110140732j:plain

粉類、塩を振るい入れ、ボウルの中で3分程こねる

f:id:uzuranobooks:20220110140758j:plain

生地がまとまってきたら、ドライクランベリーとヒマワリの種も加え、

もう少し混ぜる

f:id:uzuranobooks:20220110140921j:plain
f:id:uzuranobooks:20220110140941j:plain

30分室温に置く

一度パンチをしてから生地をまとめ、冷蔵庫で一晩寝かせる(今回は20時間)

f:id:uzuranobooks:20220110141130j:plain

次の日、冷蔵庫から出した生地を室温に2時間程置き、復温させる

(思ったよりも発酵が進んでいなかったため、時間は長め)

f:id:uzuranobooks:20220110141324j:plain

丸め、ベンチタイム20分

f:id:uzuranobooks:20220110141405j:plain

生地を成形し、室温に50分置く

その間に天板と鋳物鍋(蓋付き)をオーブンに入れ、250℃に予熱

f:id:uzuranobooks:20220110141912j:plain

生地にクープを入れる

予熱の終わった鋳物鍋の中に生地を入れ、蓋をする

250℃で25分、蓋を外し230℃で13分焼く

 

f:id:uzuranobooks:20220110142029j:plain

焼き上がりました!

鍋の中でふっくら膨らんでいます。

 

f:id:uzuranobooks:20220110142225j:plain

鍋から取り出すと、こんな感じです。

久々に生地を鍋の中に入れ焼きましたが、なかなか良い出来。嬉しいです!

いろいろな焼き方がありますが、この方法は失敗することが少ないように

思います。

 

(生地を鍋に入れ蓋をする焼き方、生地に鍋の本体を被せて焼く方法、

 この2つにどのくらいの差があるのかは、まだ分かりません)

 

f:id:uzuranobooks:20220110142941j:plain

スライスしてみると、小さめの気泡が生地全体に入っていました。

ほのかに甘いのは、クランベリーだけでなく、

小麦の美味しさも一緒に感じられるから。

そんな気がします。

 

今回はドライイーストをとても少なくし、発酵を低温長時間にしました。

そのおかげか、素材の旨味がたっぷり抽出されたパンになりました。

いつものサワードウも、こんな風に焼き上がるのが理想です🍞

 

★今回使った粉類★

オーガニック・プンパニッケルライフラワー 2.5Kg

自然栽培 有機小麦粉(強力粉)「ゆきちから」

ALNATURIA 有機ゆめちから(強力粉)2kg

 

uzuranobooks.hatenablog.com

 


ペルケオ ドイツパン 5種類フルセット