UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

写真一枚日記 チャバタ

f:id:uzuranobooks:20211125123906j:plain

今夜の晩ご飯はトマト鍋。

あ!お米を炊くのは止めて、パンを買いに行こう!と思い立つ。

 

いそいそとパン屋へ急ぐ午後。

 

パンはシニフィアンシニフィエのチャバタ。

バゲットでもカンパーニュでもなく、黄身がかったこの色に魅かれて決めた。

 

食べてみると、中もきらめくような黄色。

しっとり、潤いのある生地は、目を閉じて食べると

パンとは気付かないかもしれない。

 

ほんのり甘く、温かな黄色のパンを頬張って、

何だか日向にいるような気持ちになった。

 

自分が作るパンにも、こんなやさしさを加えられたらいいのに…と思った。

 

Signifiant Signifie