UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

写真一枚アーカイブ 冷えとり

f:id:uzuranobooks:20211124153001j:plain

冷え性を改善するため、数年前の約1年間ほど、靴下の重ね履きを続けていた。

夏も含め一年中。日中も就寝時も常に。

 

しかし、常に足が靴下に包まれている状態というのは、どうなんだろう?

と疑問に思い、いつの間にか履かなくなった。

 

今は就寝時は素足。

日中も重ね履きはせず、夏は麻、冬はウールなど素材を変えて楽しんでいる。

 

先日のとても冷えた夜。

久々に靴下を履いて寝てみようかと、ウールの靴下を履きベットに入った。

 

そしたら、何とも寒く感じて、眠れない。

いつもなら素足で感じている布団の温かさをとらえられなくて、

足先が不安になっている感覚。

1時間程我慢してみたものの、これはダメだと思い、靴下を脱いだ。

その後は、体に温かい感覚が戻り、ようやく眠りにつくことが出来た。

 

足の皮膚が感じる、あらゆる種類の触感や温度も

何かの大切なことにつながっているのではないかと思う。

 

身体も心も日々変化していくので、万能な健康法を求めるよりも

自分の感覚を鋭く、そして柔軟にしておくことが大切だと

中年になって気付きました。

 

★この冬新調した靴下★

homspun(ホームスパン) コットンウールリブソックス

※肉厚でしっかりした履き心地の靴下。

 寒い時期は、やっぱりウール使用のものが恋しくなります。