UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

チョコレートとマカダミアナッツのケーキ(バターなし)

f:id:uzuranobooks:20211114150951j:plain

今回もバターを使わないケーキ。

バターの代わりに、牛乳と菜種油を使いました。

 

牛乳のおかげで、まろやかなベールを纏ったようなケーキに。

腰折れした焼き上がりになりましたが…美味しかったです!

 

《材料》(17㎝のパウンド型使用)

卵 2個

メープルシュガー 70g

 

菜種油 80g

牛乳 70g

 

薄力粉 150g

ベーキングパウダー 小さじ1

塩 ひとつまみ

 

チョコレート(刻んでおく) 25g

マカダミアナッツ(刻んでおく) 30g

f:id:uzuranobooks:20211114151412j:plain

 

《工程》

卵とメープルシュガーをボウルに入れ、ふわふわになるまで混ぜる

f:id:uzuranobooks:20211114151521j:plain
f:id:uzuranobooks:20211114151530j:plain

菜種油と牛乳を加え、混ぜる

f:id:uzuranobooks:20211114151610j:plain

粉類を振るい入れ、やさしく混ぜる

生地にツヤが出てきたら、チョコレートとマカダミアナッツも加える

f:id:uzuranobooks:20211114151807j:plain
f:id:uzuranobooks:20211114151817j:plain

生地を型に流し入れ、180℃に予熱したオーブンで40分焼く

f:id:uzuranobooks:20211114151900j:plain

 

 

f:id:uzuranobooks:20211114151941j:plain

焼き上がりです!

ふっくら、甘い香り。

バターとはまた違う、穏やかな香りです。

 

f:id:uzuranobooks:20211114194323j:plain

焼き立ては良かったのですが、時間が経つと側面が

腰折れ状態になってしまいました…。

 

f:id:uzuranobooks:20211114194802j:plain

中はどうなっているかと心配しましたが、生地は滑らか、やさしい口当たり。

チョコレートの甘みも、牛乳の効果でまろやかな印象になりました。

マカダミアナッツとチョコレートのバランスも丁度良く感じられます。

 

実は、このケーキを作る前に試作したものがあったのですが、

ひどい腰折れ、ねっちりとした生地になり大失敗でした。

材料の混ぜ方が雑だったことが、原因と思われます。

 

今回の経験から、牛乳と植物油の組み合わせより、ヨーグルトやサワークリーム

使った方が、安定したものが作れると感じました。

とても美味しいのですが、上手く作るコツがまだつかめていない。

まだまだ練習が必要なケーキです。

 

uzuranobooks.hatenablog.com