UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

ドライイチジクとひまわりの種のサワードウ

f:id:uzuranobooks:20211017145705j:plain

今回は、ライ麦全粒粉を30%混ぜた生地に、先日クッキーに使った

赤ワインとスパイスで煮たドライイチジク、そしてひまわりの種を加え

焼いてみました。

 

強力粉は、有機栽培のミナミノカオリを使用。

さて、その出来は…。

 

《材料》

◎ルヴァン種

ライ麦酵母 20g

ライ麦全粒粉 7.5g

ミナミノカオリ 7.5g

水 15g

 

◎本ごね

ルヴァン種 全量

ライ麦全粒粉 75g

ミナミノカオリ 175g

塩 4g

ぬるま湯 185g

ドライイチジク 60g

ひまわりの種 20g

 

《工程》(1日目室温24℃ 2日目室温23℃)

ルヴァン種の材料を混ぜ、室温で4時間程発酵させる

f:id:uzuranobooks:20211017173604j:plain
f:id:uzuranobooks:20211017173614j:plain

ぬるま湯に完成したルヴァン種を入れ、溶かすように混ぜる

f:id:uzuranobooks:20211017173700j:plain

粉も加え、軽く混ぜ、室温に1時間程置く

f:id:uzuranobooks:20211017173803j:plain
f:id:uzuranobooks:20211017173814j:plain

塩を加え、ボウルの中で5分程こねる

最後にイチジクとひまわりの種も加え、軽く混ぜる

f:id:uzuranobooks:20211017174010j:plain

f:id:uzuranobooks:20211017173950j:plain
f:id:uzuranobooks:20211017174001j:plain

室温に30分置く

最初のパンチ(生地を底から持ち上げ折りたたむ作業をボウル1周分)を行う

同じ作業を30分毎に残り2回行う

f:id:uzuranobooks:20211017174247j:plain
f:id:uzuranobooks:20211017174258j:plain

最後のパンチが終わったら、生地をまとめ新しいボウルに移す

f:id:uzuranobooks:20211017174338j:plain

室温に1.5時間置き、その後冷蔵庫で一晩寝かせる(今回は13時間)

次の日、冷蔵庫から出した生地を室温に1時間置き、復温させる

f:id:uzuranobooks:20211017174552j:plain

成形し、発酵かごに入れた生地を室温に1時間程置く

その間に天板と鋳物鍋の本体をオーブンに入れ、250℃に予熱

f:id:uzuranobooks:20211017175000j:plain

生地にクープを入れ、表面に霧を吹く

天板に生地をのせ、鋳物鍋の本体を被せ、250℃で20分

鍋を外し、230℃で13分焼く

 

f:id:uzuranobooks:20211017175408j:plain

焼き上がりました!

思ったよりも膨らみが弱いような…。期待しすぎたかな…。

(今回は丸めとベンチタイムを省いたので、その影響もあるのでしょうか)

 

f:id:uzuranobooks:20211017191426j:plain

きれいに細かい気泡が入ったクラム。

イチジクと一緒に煮込んだ、シナモンやキャラウェイの香りも

ほんのり感じます。

ひまわりの種も香ばしい!

もっと沢山入れれば良かったと、少し後悔です。

 

さて、ミナミノカオリですが、私にはちょっと物足りない印象でした。

ゆめちからやゆきちからよりもべたつきが無く、扱いやすいとは思いますが、

もっと香りや風味に個性があったらいいのに…と思いました。

焼き上がり、クラムのツヤ感も弱く感じます。

 

ですが、まだまだ焼いてみなければ分からない。

次回もミナミノカオリを使ってみようと思います。

また印象が変化するかもしれません🍞

 

★今回使ったミナミノカオリ★

オーガニック・ミナミノカオリ100%品 2.5Kg /九州産 【パン用小麦粉 強力粉 有機ミナミノカオリ】

 

★今回のYouTube動画★


www.youtube.com

 

uzuranobooks.hatenablog.com