UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

初めて作った、ルバーブジャム

f:id:uzuranobooks:20210927173832j:plain

最近よく見かけるようになった、ルバーブ

まだその姿が珍しかった頃は、どのように食べればよいのか分からず、

手に取ることはありませんでした。

 

そんなぼんやりとした存在だったルバーブが、やがてジャムとして見かけるように

なったり、ケーキやタルトに使われている姿を見かけたり、何だか気になる存在に

なってきました。

 

どうやら酸っぱいらしい…ということだけは知っていたのですが、

今回、長野県産の美しいルバーブが手に入ったので、思い切ってジャムを作って

みることにしました。

 

ネットで調べてみると、刻んだルバーブルバーブ1/2量の砂糖をまぶし、煮詰めるだけ。

最後にレモン果汁を搾り入れ完成とされている。

簡単!と感激しながら、いそいそと作り始めました。

 

《材料》

ルバーブ 230g

メープルシュガー 115g

ライム 1/2個

 

f:id:uzuranobooks:20210927175958j:plain

ルバーブを1~2㎝幅に刻む

f:id:uzuranobooks:20210927180119j:plain

メープルシュガーをまぶし、30分放置

f:id:uzuranobooks:20210927180316j:plain

形が崩れるまでコトコト煮詰める

最後にライムをギュッと搾る(レモンが無かったのでライムで代用)

瓶に詰めて完成

 

実際に作ってみると、拍子抜けするくらい簡単に完成しました。

その美しい色合いにうっとりとしてしまう出来。

甘酸っぱい香りに鼻先が、キュッとなります。

 

f:id:uzuranobooks:20210928201116j:plain

次の日、ヨーグルトにのせて食べてみました。

ヨーグルトのクリーミーなコクに、ルバーブジャムの爽やかな酸っぱさと甘みが

ピッタリ。

ルバーブの繊維が煮溶け、ぽってりとなったジャムの質感も、とても美味しく

感じました。

 

季節の野菜や果物で作るジャムの楽しみなこと。

今度は自家製パンにのせて食べたいです。

 

★ジャムの保存に便利なWECKの瓶・パッキン★

WECK Mold Shape ガラスキャニスター 250ml WE-900

 

WECK ウェック ガラスキャニスター専用 クリップ&パッキンセット [ Mサイズ ]