UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

バナナとカカオニブのケーキ

f:id:uzuranobooks:20210923160852j:plain

余っていた薄力粉とスペルト全粒粉を使い、ケーキを焼きました。

バナナの甘さとコクに、カカオニブのビターな香り。

深煎りコーヒーを淹れ、ゆっくりと味わいたくなるケーキです。

 

《材料》(17㎝のパウンド型使用)

薄力粉 50g

スペルト全粒粉 35g

アーモンドパウダー 15g

ベーキングパウダー 小さじ1

 

バター 50g

ココナッツシュガー 40g

卵 1個

バナナ 1本

レモン果汁 1/4個分

カカオニブ お好みの量

f:id:uzuranobooks:20210923161841j:plain

 

《工程》

バナナを刻み、レモン果汁を振りかけておく

f:id:uzuranobooks:20210923162139j:plain

柔らかくしたバターにココナッツシュガーを加え、よく混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210923161930j:plain
f:id:uzuranobooks:20210923161941j:plain

卵を加え混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210923162026j:plain

バナナを加え混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210923162225j:plain

粉類を振るい入れ、やさしく混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210923162339j:plain

最後にカカオニブを加える

f:id:uzuranobooks:20210923162612j:plain

生地を型に流し入れ、180℃に予熱したオーブンで30分焼く

f:id:uzuranobooks:20210923162719j:plain

 

 

f:id:uzuranobooks:20210923162744j:plain

焼き上がりです!

こっくりとした甘い香りが漂います。

 

f:id:uzuranobooks:20210923162853j:plain

 

f:id:uzuranobooks:20210923162916j:plain

バナナの果汁が染みわたった、しっとりとした生地。

ポリポリとしたカカオニブの食感がアクセントになっています。

 

バナナを入れた分、砂糖は控え目にしましたが、もっと控え目にしてもよかったと

思えるほど、バナナの甘さがしっかり出ていました。

バナナはそのままでも、火を通しても美味しく食べられるので、お菓子作りに大活躍。

今度はバナナとナッツを合わせよう、スパイスを足しても良さそうだ、

などなど楽しく思いを巡らせてしまいます。

 

果物を上手に使ったお菓子は、憧れです。

 

★今回使ったカカオニブ★

カカオニブ(有機栽培使用) / 500g TOMIZ(創業102年 富澤商店) 有機 オーガニック カカオニブ

 

uzuranobooks.hatenablog.com