UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

ミントのケーキ

f:id:uzuranobooks:20210906134633j:plain

先日作った「ミントとサラダみかんのケーキ」を改良し、もう一度焼いてみました。

今回はメープルシュガーを使用し、柑橘類は加えず。

よりシンプルなミントのケーキになりました。

 

《材料》(17㎝のパウンド型使用)

薄力粉 80g

アーモンドパウダー 20g

ベーキングパウダー 小さじ1

メープルシュガー 70g

バター 70g

卵 2個

スペアミント 5g

f:id:uzuranobooks:20210906135747j:plain

 

《工程》

室温で柔らかくしておいたバターにメープルシュガーを加え、よく混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210906135435j:plain
f:id:uzuranobooks:20210906135444j:plain

溶いた卵を2~3回に分け加え、その都度よく混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210906135605j:plain

刻んだミントの葉を加え、混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210906135720j:plain

粉類を振るい入れ、やさしく混ぜる

f:id:uzuranobooks:20210906135942j:plain
f:id:uzuranobooks:20210906135951j:plain

生地を型に流し入れ、180℃に予熱したオーブンで30分焼く

f:id:uzuranobooks:20210906140056j:plain

 

f:id:uzuranobooks:20210906153354j:plain

焼き上がりです!

ぷっくり膨らみ、ミントの緑がちらほら。

 

f:id:uzuranobooks:20210906154229j:plain

しっとり、ふかふかな生地。

ミントの清涼感が喉をくすぐり、なんとも爽やか。

たまご色の生地とミントの色の組み合わせも、目に爽快です。

 

柑橘類を入れずにミントだけを使ったことで、全体的にシャープな印象に

なりました。

欲張っていろいろ入れるのも良いですが、今回のケーキはシンプルにしたことで、

素材同士がケンカせずにお互いを際立たせているように思います。

 

気持ちがスーッとするケーキです。

 

★今回使った材料★

有機国内産 薄力粉 300g

 

ユニオ社 アーモンド パウダー ブレンド 粗挽き 200g

 

カルピスバター無塩 450g

 

uzuranobooks.hatenablog.com