UZURANO小話

パンとお菓子と日々のこと。

小豆とキャラウェイのサワードウ(ライ麦30%、全粒粉20%)

f:id:uzuranobooks:20210726192139j:plain

今回はほんのり甘いパン。

でも、甘いだけではちょっと物足りない…。

そんなわけで、常備しているキャラウェイも思い付きで加えてみました。

お!と思うような面白いパンです。

  

《材料》

◎ルヴァン種

スペルト酵母 20g

ライ麦全粒粉 7.5g

強力粉 7.5g

水 15g

 

◎本ごね

ルヴァン種 全量

ライ麦全粒粉 75g

全粒粉 50g

強力粉 125g

塩 5g

水 180+10g

小豆、キャラウェイ お好みの量

 

《工程》

ルヴァン種の材料を混ぜ、かるく蓋をし、室温に4時間程置く

f:id:uzuranobooks:20210728145552j:plain
f:id:uzuranobooks:20210728145604j:plain

発酵が完了したルヴァン種を水180gに混ぜ溶かし、粉も加えて混ぜる

混ぜ終わった生地を室温に1時間程置く 

f:id:uzuranobooks:20210728145901j:plain
f:id:uzuranobooks:20210728145914j:plain

塩、水10g、キャラウェイを加え、ボウルの中で5分程こねる

f:id:uzuranobooks:20210728150230j:plain
f:id:uzuranobooks:20210728150248j:plain

30分毎にパンチ(生地を持ち上げ折りたたむ作業)を計4回行う

f:id:uzuranobooks:20210728150405j:plain
f:id:uzuranobooks:20210728150415j:plain

3回目のパンチの際に、小豆を加える

f:id:uzuranobooks:20210728150518j:plain
f:id:uzuranobooks:20210728150531j:plain

4回目のパンチが終わったら生地を新しいボウルに移し、ととのえる

室温に1時間程置いた後、冷蔵庫で一晩寝かせる(今回は19時間)

f:id:uzuranobooks:20210728150647j:plain

次の日、冷蔵庫から生地を出し、室温に40分置く

f:id:uzuranobooks:20210728150900j:plain

生地を丸め、ベンチタイムを20分とる

f:id:uzuranobooks:20210728151328j:plain

生地を成形し、発酵かごに入れ、室温で40分発酵

その間に鋳物鍋の本体をオーブンに入れ、250℃に予熱(天板も一緒に)

f:id:uzuranobooks:20210728151600j:plain

発酵が終了した生地にクープを入れ、霧吹きをする

f:id:uzuranobooks:20210728151718j:plain

生地を天板にのせ、熱い鋳物鍋の本体を被せる

250℃で20分、鍋を外し230℃で15分焼く

 

f:id:uzuranobooks:20210728151949j:plain

焼き上がりです!

こんがり良い焼き色。ほのかに甘い香りがします。

 

f:id:uzuranobooks:20210728152159j:plain

f:id:uzuranobooks:20210728152235j:plain

クラストはかっちり硬め、クラムはふかっと空気を含んでいます。

食べてみると、小豆とキャラウェイが予想以上に味と香りを高め合っている。

この組み合わせ、美味しいです。

 

ちなみに小豆は、だいずDAYSの「ほの甘あずき」を使っています。

程よい甘さで、お菓子作りにも大活躍です。

f:id:uzuranobooks:20210728152926j:plain

 

思い付きで作ったものが美味しく出来ると、とても嬉しい。

この組み合わせにココアを足しても、また違う美味しさのパンになりそう。

そんなアイデアも浮かんできます🍞